やっと厄払いがひとつ終わったところです…

やーっと元カレとの思い出の品(?)が某フリマサイトで売れましたー!
そんなに思い出って感じでもないんですけどね。
別れ話が出て、あげるあげる詐欺されていた”1年遅れ”の誕生日プレゼント(クリスマスプレゼントだっけ?もう忘れた)をね。
当然、もらってから一度も身につける事は無かったし、2つもらったうちのもう1つは、出品したその日のうちに売れたんですが。
こっちはなかなかの曲者でしてね…。

まず一度落札した人がいたんですが、購入手続きまで進んでから急に文句を付けはじめて、結局購入取り消し。
あれって自分で取り消しとか出来ないんですよね。
よほどの問題が起きた時に運営に報告して、内容を見て取り消してもらう…みたいな感じなので。
そうでなければ、一週間の放置をしなきゃいけないし、もしかしたらあれ、
「購入しているにもかかわらず発送していない私の非」
みたいな扱いになるんじゃないかな…?
それはないと信じたいですが。
事前に質問してくれればこうならなかったのに、一言も無しに落札されたんじゃあ、私もどうしようもないですからね…。

で、その後もう一度出品して…そう、改めて出品しなきゃいけないという手間もかかるんですよ!
次に質問してきた人は、結局買わないと決めたみたいで。
それは別に良いですよね、質問して、希望に沿わなかったんで。

で、今日やっと…スムーズに購入してもらえました、と。
元カレも大概疫病神だったかなと思うんですが、まさか贈り物にまでその厄が残ってるなんて…。aiful 電話番号

これから町は変貌していくような気がします

町の中の大きな工事もなく、きれいな東京しか知らない人ばかりなのかもしれません。小路はいつも不便ですから。電車だって、上野は何が何だかわからない様子でした。ホームがです。その状態しか知らないので、わかりづらいイメージしかないのです。
東寺から思うと、東京はいきやすい街になりましたよね。それでも、ここまで人口が集中してしまうとは、なぜでしょうか。コンビニが至るところにあって、良いのでしょうが、遊び場だって、そこまですぐに行けるというのでもなさそうです。人がいいのかもしれません。さっぱりとして親切ですから。
ただし、京都は、さっぱりもしていないし、親切でもないのです。それなのに、ここまで、新陳代謝しているのはなぜでしょうか。まるで、戦後の復興のようです。いいところはといえば、静かな群衆ということだけでしょうね。これほどまでに宿泊施設を作るということは、まだまだ来るということでしょう。町はさらに変貌しますね。アイフル バレる

オバサン主婦でもできた!自宅の水道栓 交換奮闘記

戸建て住宅でキッチンの水道蛇口(シングルレバー)のシャワーヘッドと水栓設置部分から水漏れが起きた時の話です。
我が家が築10年経って、家のあちこちに劣化が感じられ、少しずつ小さなリフォームを始めて行かなくてはいけないなと感じていました。
そんな時にまず故障したのが「水回り」です。
キッチンの流しで洗い物をする時に、水道のシャワーヘッド部分に洗い物をぶつけてしまうことがあったのですが、
そのせいでシャワーヘッド部分にヒビが入り、水が漏れるようになりました。
次に、水道蛇口の水栓設置部分からも水漏れがするようになりました。
こちらは恐らくパッキンの経年劣化が原因だったろうと思います。
さすがに水漏れが2か所ともなると、いよいよ交換が必要だと感じ、近くのホームセンターで「混合水洗シングルレバータイプ」を購入、自身で交換作業を行いました。
止水栓をしっかり締めてからキッチンにもぐり込み、はじめて使うモンキーレンチに四苦八苦しながら、素人なりになんとか交換することができました。
作業の間中、我が家の男性陣は面白い物を見るような目で見ていて、まったく手伝う気配はありませんでした。
振り返ってみると、それがかえって私の闘志とやる気に火をつけていたと思います。
実際に自分で水道栓を交換してみて気がついたのですが、交換用の水道栓を購入する時には、キッチン台座から止水栓までの距離の規格をきちんと把握しておかないと、
配管ホースの長さが足りないというトラブルを招いてしまう危険性があるということです。
また、キッチン台座の穴の大きさにも気をつけなくてはいけません。
せっかく交換しようと思っても、規格が違っていては購入した部品が無駄になってしまいますので、
私と同じように、水道栓をご自身で交換しようとされている方は、ぜひ気をつけていただければと思います。
また、交換方法については、動画サイトにたくさん解説動画が掲載されています。静止画の説明を確認するよりもずっとわかりやすいのでおススメです。
素人ならではの失敗のリスクはありますが、今回の修繕で、業者に注文して直してもらうよりも1万円ほど経費が浮いたことを思うと、
今後もマイホームの小さなリペアくらいは自分でできるようになっていた方が便利だなぁ、と感じる出来事でした。ミュゼ 300円 今月末まで